Agisoftソフトウェアの特長とは

Agisoftソフトの最大の特長lは、画像が大量であっても自動で合成を行なうことです。 通常画像処理のソフトウエアでは、重なり合う画像のペア間にタイポイントを配置する必要がありました。 Agisoftソフトではタイポイントの配置が不要です。Agisoftソフトは画像の各ピクセルの感度(色調や階調)を判別しながら、すべての画像を自動で合成していきます。 そのためソフトを実行するPCは高速のグラフィックカード以外に、最大限(32GBなど)のメモリーが必要です。高速のPCほど処理時間を短縮できます。

Agisoftソフトの他の特長は、オルソ画像の作成と点データを出力できることです。 人物や構造物の3Dモデルの作成、あるいは地形データの解析(土木測量、遺構の図化、UAVによる地形計測)の目的で、多くのユーザ様でご採用いただいています。

製品の構成

  1. Agisoft Lense
    レンズキャリブレーション・ソフトウエア
  2. Agisoft StereoScan
    2枚のステレオ画像から3次元モデルを自動的に作成するソフトウエア
  3. Agisoft Photoscan (standard / Professional)
    複数枚の重複(ラップ)する写真画像から3次元モデルを作成するソフトウエア

Agisoft Photoscanを使い、文化遺産を計測する

土器を回転テーブルに乗せ回転させながら、デジカメを使って連写モードで撮影しました。撮影時間は10秒ほど、モデルの作成は30分ほどでした。Photoscanは対象物の外線を自動で抽出するマスキング機能があり、簡単にモデル(ポリゴンメッシュ)を作成できます。以下は、Photoscanによる編集作業の画面です。土器のまわりに30枚ほどの写真が表示されています。これらの写真に対して、マスキング機能を実行します。以後、各画像を合成して3Dモデルを作ります。なお、大型の構造物(例:数メートルの銅像や石像)も撮影後に、モデルを作成できます。

Agisoft Lenseとは

以下の画像をPC画面に表示し、使用するカメラ(レンズ)で複数角度から撮影します。
これにより、レンズのキャリブレーションパラメータを求められます。

Agisoft StereoScanとは

自動でレンズのカリブレーションを行なうソフトウエアです。
2枚のステレオ写真から3次元モデルを自動的に作成します。
テクスチャー付きの3次元モデルが簡単に作れます。

Agisoft StereoScanの概要

Agisoft StereoScanソフトウエアを使用して、ペアのステレオ画像からカラー画像付き3Dモデルを作成することができます。3Dモデル化される対象物が両方のステレオ画像で見ることができれば、どの位置からでも撮影可能です。ペアのステレオ画像は、それぞれの画像ファイルまたは並列(side-by-side)に配置したJPS画像としてロードされます。また、ちょうどFujiFilm Real 3D W1 ステレオカメラで撮影されたJPEG Multi-Picture Format (MPO)画像のような形でロードされます。ステレオスキャンを使用してステレオ画像のアライメントを実行でき、共通のアナグリフ画像またはside-by-side ステレオフォーマットで保存できます。

ステレオ画像のアライメントや3Dモデルの作成作業は、完全に自動で実行できます。ひとつのステレオペアを作成するにはPCの能力によって代わりますが通常、1分以内で処理が完了します。

作成された3Dモデルは以下のフォーマットで保存できます。
Wavefront OBJ, 3DS Max, PLY, VRML, COLLADA, Universal 3D, PDF.

3Dモデルの完成

Agisoft Photoscanとは

  • 複数枚の重複した写真から3次元モデルを自動的に作成するソフトウエアで、機能により Standard版とProfessional版があります。
  • テクスチャー付きの3次元モデルが簡単に作れます。
  • オルソフォト作成、Meshのエクスポート機能があります。
  • Georeference(Proのみ)機能があり、面積・体積計測が可能です。

Agisoft Photoscanの概要

Agisoft PhotoScanは、デジタル写真から高品質の3Dモデルを作成するソフトウエアです。最新のマルチビュー3D reconstructionの技術を基に開発されました。どの位置から撮影した画像であってもモデルを作成できます。撮影の対象物は最低2枚の画像内で見える必要があります。画像のアライメントと3Dモデルは完全に自動で作成されます。

Standard版とPro版の違い

機能 Standard Edition Professional Edition
点データの作成
ポリゴンモデルの作成
Pythonスクリプト
座標値の設定
オルソ画像の出力
DEMの出力
モデルに座標値付与
  • 出力機能

    GeoTiff, xyz, Google KML, COLLADA, VRML, Wavefront OBJ, PLY, 3DS Max, Universal 3D, PDF

  • 入力機能

    JPEG, TIFF, PNG, BMP, JPEG Multi-Picture Format (MPO)

Agisoft Photoscanでの作成事例

航空写真(UAVからのデジカメ撮影でも可能)から下記のような3次元モデルが作成可能です。
特に、64bitOS環境下ではGPUの使用を含め高速に作成することが可能です。

Agisoft Photoscan適用分野

  • 写真測量が詳しくなくても3Dモデリングが必要な方
  • 現場の証拠保存の参考資料
  • 地質調査等でのフィールドワークでの活用
  • 今後活用されるであろうUAVでの撮影画像処理
  • 風化・劣化が予想される歴史的資産の現況保存
TEKLA Structures TEKLA Bentley AUTODESK JMDIA エクセル応力計算ダウンロード