部品形状・工場設備

  • 部品形状
  • 医療
  • CG&ファッション
  • 文化財
  • 他の分野

プロトタイプ

Artec 3Dスキャナーは、大型の対象物も高速でスキャニングします。自動車などのクレーモデルは曲面が多く見かけられます。ハンディ3Dスキャナーは車の曲面を忠実に表現できます。スキャンデータは、CNCマシン、あるいは3Dプリンタで実際のモデルを作ることができます。

リバースエンジニアリング

部品は2次元の図面や3次元のモデルデータを元に製造されます。設計データから3Dモデルを作る代わりに、既存の構造物(車など)から3Dモデルを作成できます。Artec 3Dスキャナーは従来の手法に比べ簡単に、リバースエンジニアリングを実行できます。最初に、部品をスキャニングして3Dスキャンデータを作成します。このデータから、付属のソフトウエアでポリゴンメッシュを作成します。Artec 3D用ソフトウエアは、広く普及する出力フォーマットをサポートしています。

品質チェック

製造部品は厳しく品質チェックされます。初期段階で欠陥部品を発見すると、大きなコスト削減につながります。2次元ベースの品質管理では、欠陥部品をすべて正しく診断しているとは言えません。Artec 3Dスキャナーは標準仕様としてビデオモード機能があります。例えばコンベーヤベルト上の部品をスキャニングすることで、部品の欠陥を見つけることが可能です。現場では、部品のサーフェースをスキャンしてモニタリングできます。

整形外科と義足・歯科補正

Artec 3Dスキャナーは体の一部をモデル化して義足の製作に利用されています。義足・手の製造は従来特別な技術が必要でしたが、3Dスキャナーを使うことで簡単な操作で高精度の義足・手を作成できます。製造の時間とコスト軽減につながります。

3Dスキャナーは医療分野において、放射線診断とは異なった診断が可能となります。例えば3Dスキャナーの使用で、脊髄の病気(脊柱側弯症、脊柱後弯症、脊柱前弯症、脊椎分離すべり症など)をより初期段階で発見することが可能です。スキャナーを使って患者の背中を非接触でスキャニングし、脊髄のゆがみを測ることができます。脊髄のゆがみを三次元で診断することで、進化の状況を視覚的に確認できます。Artec 3Dスキャナーは、動く対象物も三次元でデータ保存できます。(本サイトのビデオ・コーナーでは、動く背中や体の計測例が載っています)

車いす

車いすや医療・福祉機器を製造企業は、患者の負担を減らすことができる医療機器の開発に努めています。患者の背中をスキャンしたデータを3Dモデル化して、自分に合った機器(例えば車いす)を製造できます。いわばオーダーメードの福祉機器となります。ハンディ3Dスキャナーは人体の計測に最も適合したツールです。軽量・小型であり、ボタンひとつでスキャニングを実行できます。

後遺症のケア

大きな損傷を受けた後にはしばしば、後遺症が残ります。例えば顔にやけどを被った患者にとって、後遺症は日常生活において大きな負担になります。3Dスキャナーで患者の顔をスキャンし、オーダーメートの保護マスクを製造できます。石膏などを使うことなく、また感受性の高い顔にも接触しないため、患者の苦痛を和らげます。

整形

3Dスキャナーは整形美容にも利用されています。整形手術前に顔の3Dモデルを作成します。医者は患者に対して3Dモデルを元に、整形後の(予測した)顔の状況を示すことができます。例えばほくろやしわなどの消滅をビジュアルに表現することで、患者には安心感が生まれます。また3Dモデルは、医者と患者の間でトラブルになったとき仲裁にも役立ちます。

3Dスキャナーは「手術前」「手術後」以外に、「手術中」の顔をスキャニングすることも可能です。整形手術の過程も公開することが可能です。

ダイエット治療

3Dスキャナーは、ダイエット治療にも活用できます。ダイエット前後の患者の体をスキャニングします。スキャンしたデータから3Dモデルを作成して比較することで、ダイエット治療の進捗状況をデジタルで把握します。腹部、ふともも、腕まわりなどを三次元のモデルで表現できます。

映画およびゲーム業界向けCG

映画などの特殊効果を生み出すツールとして、映画業界ではハンディ3Dスキャナーが利用されつつあります。CGとアニメーションは報道、娯楽、マルチメディアなどの業界に大きなインパクトを与えました。CGやアニメは現在、映画やコマーシャル、TVやビデオゲームなどで必須のツールとなっています。すべてのアイデアは3Dアニメで表現でき、見る人に直感的に意志を伝えることができます。

3Dアニメの作成ではハンディ3Dスキャナーの利用が増えています。スキャンと同時に1.3MPの画像も撮影でき、テキスチャマッピングが可能です。また運動(移動)中の物体も3Dで計測できます。従来では考えられなかった新しい計測方法が実現されました。変化する人の顔を3Dで表現したり、また人物のモーションキャプチャ、移動しながらスキャニングなどArtec 3Dスキャナーは、多くの特長を備えた3D計測ツールです。

ファッション

ハンディ3Dスキャナーは約1分ほどで人間のからだをスキャンします。裁縫企業にとってからだのサイズを知ることで洋服の製造が簡単に行えます。オーダーメードの洋服を作る際にも利用可能です。

パターン作成

人間のからはファッションとは異なり、年々変わっていきます。服飾デザイナーや裁縫メーカーは、モデルに合った洋服を製造するため、モデルのテンプレートが更新されていくのを望んでいます。Artec 3Dスキャナーを使ってモデルをスキャンし、データベースに保存しておきます。3Dスキャナーは世界のデザイナーが最新のパターンを利用できるよう支援しています。

ショッピングの新しい提案

インターネットで洋服の購入する場合、3Dスキャナーを使って自分のからだをスキャンします。首回り、胸から胴体までの形、太ももやおしりなどの形状を保存しておきます。自分に合ったサイズを洋服のデータベースから選択し、後は好みの形と色を選ぶだけです。ショッパーの体形に合う製品に絞ったマーケティングが可能となります。また洋服の購入後の返品率も減ります。ショッピングストア側にとって、洋服だけではなく下着類や装飾も紹介できるチャンスとなります。

バーチャルミュージアム

ハンディ3Dスキャナーによる文化財(彫刻、レリーフ、絵画、装飾物など)の三次元化は今後増々、広がっていきます。文化財保護のため、本物を複製して展示する場合もあります。多くの博物館は展示物をインターネットで公開しています。文化財は展示物の維持コストやスペースなどの問題で倉庫に保管され、そのデジタル3Dモデルがネットで公開されています。このバーチャルミュージアムは多くのネットビューアを魅了し、例えば3D PDFで3Dモデルを閲覧できます。

文化財の修復

文化財の修復では、例えば失われた装飾を複製する場合があります。Artec 3Dスキャナーを使い、現存する装飾から3Dモデルを作成します。新たに複製する装飾が欠損箇所に正しくは適合するか、前もって調査する必要があります。彫刻、建築、スタッコ装飾の複製モデル(コピー)をスキャニングして、コンピュータ上で同じくスキャンした現存の装飾と合体するか調べます。今後、文化財の修復にハンディ3Dスキャナーは利用されていきます。

バイオメカニカル分野での研究

Artec 3Dスキャナーを使ったスキャニングでは、1秒に15枚の画像を撮影して自動で合体していきます。そのため、動く物も三次元でスキャニングできます。スキャニング3Dデータからいろいろな解析に利用できます。筋肉などの動きを検査するバイオメカニカルやアスリートの動態観察にも使用されています。

犯罪の解明

3Dスキャナーは犯罪の解明にとって重要なツールになりつつあります。犯罪の現場をすばやく三次元で撮影できるメリットは計り知れません。Artec 3Dスキャナーは、非接触で高精度でモデルを作成し、カラー画像も同時に取得します。

保険

保険会社はハンディ3Dスキャナーを使って事故車の計測をおこないます。事故の原因究明と当事者の特定を支援します。従来の2次元データでは判断できない事案も3次元データによる検証で、新たに究明の可能性が広がります。

TEKLA Structures TEKLA Bentley AUTODESK JMDIA エクセル応力計算ダウンロード