Artec 3Dスキャナーとは

リアルタイムに計測でき、カラー画像も同時に取得できます。 Artec 3Dスキャナーはちょうど、ビデオカメラを取り扱うような感覚で使用します。ただし3D スキャナーによる出力は2次元の画像ではなく、3次元のモデルです。 Artec 3Dスキャナーは15ショット/秒のスピードで、連続して撮影していきます。医療、CG、建設、部品検査、リバースエンジニアリング、文化財、スポーツなどの分野で利用できます。従来の計測手法では困難とされてきた例えば、入り込めなかった天井裏や構造物の内側、建立された像などの裏側などを計測できます。部品の開発段階では、形状認識に利用しています。持ち運びでき、大がかりな装置を必要とせず、簡単に計測できるメリットは計り知れません。

スキャナーは自動でカラー画像も同時に取得できます。人の顔、部品、遺物や文化財などにカラーマッピング可能です。

簡単な操作

スキャニングの操作方法は非常に簡単です。撮影する対象物の回りを歩きながら、いろいろな方向から撮影(照射)します。あるいは対象物を回転テーブルに乗せ、ハンディ3Dスキャナーを三脚で固定して計測します。小型から大型の回転テーブルをご用意しています。計測の終了後は付属するソフトウエアで、ひとつのモデルに統合します。ビデオでスキャナーの計測風件が確認できます。

可搬性に優れた3Dスキャナー

Artec 3Dスキャナーは片手に持てるほど小型・軽量(MHタイプ 1.4kg)で、簡単に持ち運びできます。スキャンする対象物を移動できないケースがあります。この場合は3Dスキャナーを持ち、移動しながら対象物を撮影します。特に手でふれることのできない文化財遺物を計測する場合に最適です。レーザースキャナーは三脚に設置するため機敏性に欠け、計測できない箇所もでてきます。ハンディ3Dスキャナーを使用することで、陰の部分を簡単にスキャンして穴埋めできます。

動く対象物もスキャニング可能

Artec 3Dスキャナーは3Dカメラとも言えます。静止した対象物のみならず、移動している物体も三次元化できます。この技術の応用分野として医療や映画産業が考えられます。医療であれば身体の一部の動き、あるいは顔の表情を3D化して各種の解析に利用します。

PCに接続して計測

USBでPCに接続して使用します。スキャンする対象物から少し離れて、ハンディ3Dスキャナーを上下・左右に移動させ計測します。スキャニングの経験のない方でも、複雑な形状の対象物も簡単に操作できます。計測中のデータはリアルタイムでPCに表示されるため、陰になった箇所やスキャンし忘れた箇所を特定できます。

各種のフォーマットをサポート

取り込み用ソフトウエアは、3Dスキャナーに標準装備されています。同ソフトウエアでデータの合成や修正を実行します。3Dスキャンしたデータは、各種のフォーマットに出力できます。代表的なフォーマットは、STL, OBJ, PLY またはWRLです。画像は、ZBrush, 3D Studio Max, Maya, Rapidform等のアプリケーションで処理されます。

可搬性に優れた3Dスキャナー

非放射性のArtec 3Dスキャナーは、医療の分野でも活用できます。特にせき髄の検査では、従来 Quantecで採用されてきたラスターステレオ方式と同様に、放射線を受けることはありません。 Artec 3Dスキャナーはコンパクトで、短時間で計測を終えます。今後は医療分野でも使用されていきます。

TEKLA Structures TEKLA Bentley AUTODESK JMDIA エクセル応力計算ダウンロード